データをスムーズに復旧してもらうために必要なこと

ハードディスクの状態で

ハードディスク

事前に見積もりをもらってから行動を

どんなデータ復旧サービスでも一律で料金がいくらと決まっているわけではなく、復旧する内容によって難易度が異なるため、料金相場が異なるといわれています。もちろん請け負う企業によっても多少費用が異なるため、あらかじめどれくらいかかるのか、確認をしてから利用することが望ましいです。多くの場合はパソコンのハードディスクのデータ復旧を望んでいることが多く、ハードディスクがどうなっているのかによって料金は大幅に異なります。パソコン自体は故障していないのにデータが閲覧できなくなってしまう論理障害の場合、1万円から5万円前後で請け負うことが多いです。ハードディスクが水害によって水没してしまったり、地震によって落下してしまったりなど、ハードディスク本体が故障した場合は物理障害と呼びます。この場合の料金としては5万円から数十万円かかることも少なくないうえに、状況によっては修理不能と判断される可能性も高いです。なお、USBメモリの場合は1万円から10万円前後とされており、物理の場合は修理不能と判断されることもあります。データ復旧サービスも万能ではないですが、難しいデータ復旧であっても直してくれる可能性が高い業者を見つけることで、復旧しやすくなるでしょう。事前にどれくらいの料金がかかるのか、修理業者に見積もりをもらって直してもらったほうがいいといわれているため、参考にしてください。また、ある程度大切なデータはクラウドサービスなどを使ってバックアップを取っておくと、データ復旧業者に依頼する前にデータを見つけることが楽になります。

Copyright© 2020 データをスムーズに復旧してもらうために必要なこと All Rights Reserved.